プレス加工・金型製作・ネスティング(最適歩留まり)サービス提供中 / GFRP・CFRP打ち抜きプレス加工

 ポケットにしのばせる男の道具(ギア) 『Key-Quest』











Key-Quest(キークエスト)はキーホルダーにスマートに携行できる 6 in 1 の鍵型便利ツールです。

段ボールを開梱したいのに、カッターが手元に無い!
洋服についているタグピンを切りたいのに、ハサミが手元に無い!
ネジを回したいのに、マイナスドライバーが手元に無い!

日常の様々なシーンでカッター・ハサミ・ドライバー等の様々な道具は非常に役立ちます。しかし必要な時に限って身の回りになく、イライラしながら探し回った経験はありませんか? 

「Key-Quest」があればもう大丈夫。
「Key-Quset」が日常のイライラからあなたを開放します。






段ボールを開梱するとき、ビニールテープがうまく切れずに「イラッ」とした経験はありませんか?
「Key-Quest」ならポケットからサッと取り出してパッと使えます。







ありとあらゆる糸を「切れ味鋭い」先端の糸切りで簡単に切ることができます。
衣類のほつれ、スーツの型崩れ防止のために留めてあるバッテンのあの糸もスパッと切れます。
「刃」は本体内側の奥まった所に設計しましたので、指を切ることがなく安全です。



釣り人御用達、ハサミでもなかなか切りにくい「PEライン」もスパッと切れる!
知り合いの釣り師に「Key-Quest」を実際の釣行で使ってもらった結果、3号のPEラインまでは問題なく切れたと喜んでいただけました。

せっかくの釣りに来たのに、ハサミを忘れた!という時に「Key-Quest」が大活躍。
「Key-Quset」ならキーホルダーに自宅用の鍵や車の鍵 と一緒に普段から持ち歩くため、「外出時に忘れる」ということは絶対にありません。





宇宙服・防弾チョッキ・消防士の耐火服にも使われる、世界最強の繊維「ザイロン」もスパッと切れる!
通常の生活で「ザイロン」を切る場面に遭遇することはまずありませんが、「Key-Quest」の切れ味がいかに鋭いかがお分かりいただけるかと思います。





靴下を買った時に束ねてあるT字のナイロンピン(タグピン)。
靴下に食い込んでいて、ハサミで切ろうとすると生地を切ってしまいそうに。。。

そんな「イラッ」とした経験はありませんか?
「Key-Quest」なら先端の糸切り部を靴下に押し当て、タグピンに「グッ」と押し込むだけで、簡単に切断することができます! 

「Key-Quset」本体にはシャープエッジを丸めるバレル処理が施してあるため、買ったばかりの靴下に直接「Key-Quest」を当てても繊維を痛める心配はありません。







夏だ! バーベキューだ! ビールだ! コーラだ!
「しまった!栓抜き忘れた!」

そんな時も「Key-Quest」があれば大丈夫!
周囲から尊敬と羨望の眼差しで見られること、間違いナシです!





ネイル大好きのオシャレ女子も「Key-Quest」を使えば安心してプルタブを起こすことができます。
また、リモコンの裏ぶたを外したい時など、爪を引っ掛けないと起こせないようなケースにも大活躍! 
岩ガキの殻剥きだってできちゃうかも!?





「お父さん! おもちゃの電池替えて!」
電池の誤飲事故防止のため、ほとんどの子供用おもちゃの電池のフタはネジで留めてあります。

子供さんに電池の交換を頼まれた時でも「Key-Quest」があれば大丈夫。
いちいち精密ドライバーを探して家中を走り回らなくても、ポケットからスマートに取り出してラクラク電池交換。

「パパ、カッコイイ!!」
お父さんを尊敬する眼差しが目に浮かびます。





機械の修理や趣味のラジコンに大活躍。
M2・M3・M4のナットに対応します。





弊社は昭和45年の創業以来、岐阜県関市が日本に誇る伝統のものづくり「関の刃物」でプレス加工技術を磨いてきました。創業47年間で培ってきたプレス加工・金型製作の技術を生かして開発した、「ポケットにしのばせる男の道具(ギア)、Key-Quest(キークエスト)」

開発のきっかけは日常業務の中から生まれました。日々、段ボールで納入されるプレス部品や金型部品。従来はこれらの段ボールを開梱するために、カッターやハサミを使っていましたが、数年前に普通の鍵でもビニールテープが切れることを発見。それからは会社用のカギ を使って段ボールを開梱していました。2015年秋、「カギの形で手軽に使えるマルチユーティリティーツールがあれば便利なのでは?」と思い付き、今までにないカタチの「刃物」開発をスタートさせました。

金型設計に用いるCADを活用し、事務所用・自宅用のカギの形状をベースにさまざまな機能を模索。また、切削加工から熱処理、そしてパッケージに至るまで、すべての製造工程を「刃物の町 関」の熟練加工業者が担当。企画から製造工程の追求まで試行錯誤を繰り返した結果、1本のカギに<6つの機能>を集約させた「Key-Quest」が完成しました。



プルタブ起こし、マイナスドライバー、ナット回し、糸切り、カートンオープナー、栓抜きの6つの機能を1本の鍵型ツールに集約させました。



市販されている十徳ナイフはコンパクトな物でも通常の鍵4本分の厚さ。
「Key-Quset」は住宅用の鍵と同じサイズ・薄さのため、キーホルダーに追加してもかさばらず気になりません。



通常の十徳ナイフは鋭利な刃物が本体に格納されているため、ポケットから取り出し、爪でナイフを起こしてから使用し、使用後はまたナイフを本体に戻す煩わしさがありました。「Key-Quest」にはバレル処理という関の伝統技術が施されており、角部が丸く削られているため、ケース等に入れる必要がなく、ポケットからサッと取り出して、パッと使えます。



普通のハサミでは切ることが困難な釣り糸「PE」や世界最強の繊維「ザイロン」の切断が可能な糸切り部は本体から奥まったところに「刃つけ」がしてるため、素手で「Key-Quset」を触っても怪我をすることはありません。この技術により「Key-Quset」は安全性が認めら れ、国際線・国内線の航空機への持ち込みが可能となっております(2016年5月、セントレアの手荷物検査場にて確認済み)。十徳ナイフをうっかり手荷物検査場に持ち込むとテロ対策の観点から「没収」されてしまいます。



刃渡り6cm以上のナイフやハサミを携行していると、「銃刀法違反」になります。また、全長15cm以上のマイナスドライバー等の工具を携行していると「特開法(ピッキング法)」に抵触し、職務質問を受けて「書類送検」なんていう事態に陥る可能性も。しかし、こ の「Key-Quset」は銃刀法にもピッキング法にも抵触しないというお墨付きを頂いております(2016年5月、岐阜県関市関警察署にて確認済み)。



「折れず、曲がらず、よく切れる」と評され、世界的な刃物の産地として知られる岐阜県関市。およそ700年前の鎌倉時代から脈々と受け継がれる伝統技術を生かして企画・製作されています。

開発段階からこだわったのは、鍵束に手軽に付け加えられる形状です。一般的なマルチユーティリティーツールは厚みがあるものが多いですが、「Key-Quest」では本体の薄さを追求。携帯しやすさと、安心して使える強度を兼ね備えたアイテムにするため、何度も試行錯誤を重ねた結果、2.5oの厚さが最適であるという結論に達しました。





通常、狭い所に刃をつけようとすると、砥石の厚さが薄くなってしまうため、刃の狭さには限界があります。しかし、糸切り部の幅が広いと指が入ってしまい怪我をする恐れがあります。「Key-Quest」の糸切り部の幅は4mmなので指が入る心配が無く、怪我の心配がありませ ん!! 「Key-Quest」は弊社の高い切削技術により切れ味鋭い幅4mmの「糸切り刃」を実現をすることができました。




※画像はイメージです

関の刃物「高級包丁」「高級ハサミ」に用いられる無酸化焼入れという技術により、板厚2.5mmという薄いステンレス鋼板を反らせることなく焼き入れすることが可能。ステンレス鋼に熱処理を施すことにより、切れ味抜群、最高の刃持ちの良さを実現することができました。





バレル(樽)の中に研削砥石と「Key-Quest」を入れて長時間回転させることにより、加工工程中に発生したバリやシャープエッジを丸める処理を行います。この処理を行うことにより、栓抜きの先端部やカートンオープナーのギザ部の角が丸まっているため、「Key-Quest」 を裸のままでポケットに入れても引っかかることはありません。





関の刃物に使われる表面処理を施してありますので、マットで高級な質感が際立ちます。



【Q1 ポケットに入れた際、引っかかったり、生地を傷めたりしませんか?】

バレル処理が施してあるため、鋭利な角部は全て丸くなっており、引っかかったり、生地を傷めることはありません。実際私が半年間にわたり使用しておりますが、問題なく使用できております。ただし、それでも心配な方のために、Key-Quest専用本革ケースの支援コ ースも用意致しましたので、革ケースとセットでご使用いただければと思います。

【Q2 材質は何ですか?】

関の刃物でよく使われる熱処理のできるステンレス鋼を使用しております。ステンレスは鉄に比べるとはるかに錆びにくい素材ですが、濡れたまま放置したり、海水につけたりされますと、錆が発生する場合もございますので、水分をふき取って保管してください。通常キーホルダーにつけて使用する限りは錆びはほとんど発生しません。

【Q3 ナット回しで、M5・M6ナットに使用したいのですが?】

M5・M6用も試作モデルを製作しましたが、穴の大きさが大きく、栓抜き部とトレードオフの関係になってしまうため、M5・M6のナット回しの導入は見送り、M2・M3・M4ナット用で製作いたしました。M5・M6モデルのご要望があれば、今後ラインナッ プに登場する可能性もございます。

【Q4 サイズ・重さを教えてください】

サイズ 23mm×62mm×2.5mm
重量  10.2g